It’s a combination of those two things

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!ビジネスシーンで使える英語に関するあれこれをアップできればと思います。

 

顧客とのビジネスランチでは、仕事よりも業界に関する情報交換が多くの時間を占めます。その際に相手から「何故今〇〇が増えているのでしょうね」と聞かれることもあるかと思います。例えば、

 

“So, why is Internet of Things on the rise?”

何故今モノのインターネットが急速に発展しているのでしょうね。

 

Whyで始まる質問に対して、ビジネスシーンでの返答例(雛形)は以下のようなものがあるかと思います。

 

“Well, I think it’s because…”

“Well, one of the reasons is that… And the other reason may be…”

 

そして今日、WSJ Tech Briefing Newsを聞いていて、「おー、ぜひ今度使ってみよう!」と思った返答の仕方に遭遇しました。

 

“I think the main reason is because… At the same time, … So, I think it’s a combination of those two things.”

 

**************

出典: WSJ Tech News Briefing How to Protect Yourself From a Ransomware Attack
時間: 2分01秒〜
日本語: これら2つ(の要素)が組み合わさったものと思う
英語:  I think it’s a combination of those two things

**************

 

ラジオ番組では、身代金要求型不正プログラムであるランサムウェアが増加している理由について話し合っています。

 

Radio Host: So why is it (ransomware) on the rise?

 

WSJ Reporterは次のように返答しました。

 

“I think the main reason is because… (病院がランサムウェアに感染し、人命や治療を優先するためにお金を支払った事件が注目を浴びたこと)”

 

“At the same time, … (それに加えて、以前流行したEmailスパムでは人が引っかからなくなってきたこと)”

 

“So, I think it’s a combination of those two things. (これら2つの要素の組み合わせだと思います)”

 

ランサムウェアには気をつけたいものです。そして、この返答の雛形、ぜひ今度使えるように練習をしておきたいと思ったCozyでした!

 

 

 

広告

when it comes to…

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!ビジネスシーンで使える英語に関するあれこれをアップできればと思います。

Wall Street Journalのラジオニュースを聞いていて、「〜に関して」や、「〜に関して言えば」を使った英語のフレーズに遭遇しました。ビジネスで使えるフレーズですので早速記事アップです 🙂

* * * * * * * * *

出典: WSJ Tech News Briefing: How Does Facebook and Twitter Influence eCommerce?
時間: 0:15~あたり
日本語: 〜に関して、〜に関して言えば、〜のことになると
英語:  when it comes to…

ニュースアンカー:A new survey from Influence Central takes a look at the power of social media when it comes to shopping.
インフルエンス・セントラルによる新しい調査は、買い物に関してのソーシャルメディアの力に注目しています。

* * * * * * * * *

ビジネスシーンで、「when it comes to…」を使って以下のようなフレーズを使ってみたいです!

When it comes to competition, execution is far more important than the idea.
競争に関して言えば、発想も大事だが発想を実行することははるかに大事だ。

Cozyでした!

 

even more so

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!不定期で英語に関するあれこれをアップできればと思います。

Stitcherというアプリで[Anderson Cooper 360] Hackers Steal Info From Clinton Campaign, Trump and Hillary Hit Trail, Chelsea and Ivanka Still Friends?を聞いていた際に、4:07~あたりからeven more soを使ったコメントに遭遇しました。今度使ってみたいので早速記事アップです:)

Even more so なおさらそうだ、ましてそうだ

ニュースアンカー:Jack, talk a little bit about why the Rust Belt now is so important.
ジャック、何故今ラストベルト地帯(訳注:斜陽化した鉄鋼業地帯)がそんなに重要なのか(注目を集めているのか)教えてください。

レポーター:Anderson, the issue of trade, the argument of trade, is the front end center of this campaign and the next weekend, and into the next three days is even more so…
アンダーソン、貿易問題や貿易に関する議論はこのキャンペーンのまさに争点です。次の週末、そして次の3日間はましてそうなります。。。

ビジネスシーンで、「even more so」を使って以下のようなフレーズを使ってみたいですね!

例えば社内の他部署のメンバーに対して:

Launching a new product is a huge task, and launching a new product into a foreign market is even more so. And that’s why I need your help.
新製品を市場に出すのは大変な仕事です。海外市場であればなおさらです。だからあなたの力を貸して頂きたのです。

あるいは、顧客に対して:

We understand that meeting the delivery date is very crucial for your project success. Meeting your quality requirements is even more so.  That is why we are bringing this issue up today.
納期を守ることが御社のプロジェクトの成功にとても重要であることを理解しています。御社の品質基準を満たすことはなおさらです。だからこそ今日この問題を取り上げているのです。

Cozyでした!

 

Now granted, …

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!不定期で英語に関するあれこれをアップできればと思います。

Stitcherというアプリで[WSJ Tech News Briefing] Earnings Preview: Is Apple Feeling the Pressure?(7月25日、アップル社四半期決算発表前のニュース)を聞いていた際に、Now granted,を使ったコメントに遭遇しました。今度使ってみたいので早速記事アップです☺

ニュースアンカー:
…Lately the big talk about Apple, at least as it pertains to financials, are the decline of iPhone sales… Should we not count Apple out just yet?

アップル社に関する最近の話題は、少なくとも財務状況に関してはiPhoneの販売台数の減少が挙げられます。。。今すぐにはApple社の株を除外しない方がいいのでしょうか?

WSJコラムニスト:
Yeah, so, it’s a great question…
ああ、それはとてもいい質問です。。。

…The stock has been down more than 20 percent over the past 12 months…
株かは過去12ヶ月において20%以上も下落しています。

…You have to keep in mind, though, this is the biggest company by market value in the world right now.
しかしながら、Apple社は現時点で時価総額世界一の会社であることを忘れてはなりません。

And, so the fact that it has such a big drag in the overall market is really significant…
市場全体に大きくブレーキがかかっている事実は非常に重大です。

…To get back to your question… Now granted, it might be. The answer may be yes to that.
あなたの質問に戻ります。まあ確かにそうかもしれません。その質問に対する答えはイエスかもしれません。

…While the best days may be behind it, that doesn’t necessarily mean that the stock needs to keep plunging from here.
…最盛期は過ぎたのかもしれません。しかし、だからと言って株価がここから更に落ちる必要がある訳ではありません。

The company still has a lot going for it.
アップル社はまだまだ有利な点がたくさんあります。

It’s earnings last quarter were higher than Facebook, Amazon and Netflix c-o-m-b-i-n-e-d.
先の四半期の利益は、FecebookやAmazon、またNetflixを合計したものより高いのです。

So this is a company that is still minting money.
つまり、この会社は未だにお金を儲けているのです。

Very profitable, and that is very high profit margins.
とても利益性が高く、利益率も高いのです。

And the fact that it is not growing as fast as it did at its peak I think the market is punishing too much for that.
そして、ピーク時と同じような速さで成長していないということに、市場は過剰に罰しすぎているのだと思います。

* * * * * * * * * * * * *

GrantedをMerriam-Websterで調べたところ、「同意している訳ではないが認める」という意味あいがありました

to admit (something) although it does not agree with or support your opinion

ということで、「うーん、確かにそうかもしれない」という時に使ってみたいフレーズと思ったCozyでした!

surprised on the positive side

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!不定期で英語に関するあれこれをアップできればと思います。

StitcherというアプリでWSJ Tech News Briefing: iPhone Sales Slide, But Apple Beats the Streetを聞いていた際に、0:51~あたりからsurprised on the positive sideを使ったコメントに遭遇しました。色々と使えるフレーズですので早速記事アップです:)

ニュースアンカー:So, Apple earnings. Were we surprised or pretty much to be expected?
さて、アップル社の決算についてです。(決算内容に)驚きはありましたか、あるいは概ね想定内だったのでしょうか。

TechNewsWorldコラムニスト:Well, they beat the street. So, we were surprised on the positive side, not the negative side.
Apple社は市場予測を上回りましたので、悪い意味ではなく良い意味での驚きがありました。

仕事でも、嬉しい驚きがあった時に、We were surprised on the positive side.と使いたいですね!

Cozyでした!

 

Did he deliver?

Chizさんの熱血ファンの一人、Cozyです!不定期で英語に関するあれこれをアップできればと思います。

今朝、StitcherというアプリでCBS Evening Newsを聞いていた際に、deliverを使った文章に遭遇したので記事アップです 🙂

(ニュースアンカー) Did he deliver?
彼は、期待された結果を出せたのでしょうか。

(記者)Well, he certainly delivered for his audience in the room… The big question is will he get as strong perception outside the hall as the one he got inside.
そうですね、彼は確実にその会場にいる聴衆に対しては期待された結果を出したと言えるでしょう。問題は、彼が会場の外にいる人々に対しても同じような強い反応を得られるかどうかです。

(米共和党のトランプ氏が大統領候補の指名受諾演説後のニュース)

自分に置き換えて考えてみました。。。どんな打ち合わせでもdeliverしたいなー、と考えたCozyでした!

Photo © 2016 Kozo Potography. All rights reserved.

 

That’s correct

Chizさん熱血ファンの一人、Cozyです!不定期で英語に関するあれこれをアップできればと思います。

StitcherというアプリでWSJ What’s News: Five Things to Watch With the Economiy This Weekを聞いていた際に、0:56~あたりからThat’s correctを使った発言に遭遇したので記事アップです 🙂

ニュースアンカー:First of all, Eric, the Federal Reserve holds its latest policy meeting this Tuesday and Wednesday.
エリックさん、まず始めに、連邦準備制度理事会は今週火曜と水曜に最新の会議を開催するということですね。

WSJレポーター(Eric):That’s correct. The Fed policy makers will get a chance to talk about the latest economic data and developments they have seen.
はい、その通りです。政策立案者たちは、観測された最新の経済データや推移について話し合います。

That’s correctと肯定から入ると会話が進みやすくなりますね。同様にThat’s rightとかも使えると思います。

Cozyでした!

動詞の語尾で子音字を重ねる場合、またyをiに変えてesやedをつける場合

英検1級受験対策をメインに行うアルカディア・コミュニケーションズです。

私が非常勤講師をしている大学の経済学部では、授業開始後行っている学部指定の単語テストがあります。

学生たちはCDを聞きながら、空所になった部分に適切な単語を書いていきます。

元になるテキストがありますが、彼らは解答を持っていないため、動詞の活用のスペルや名詞に複数形のsがつくかどうかなどで悩みます。

HNCK7820

先日のテストにはshipが動詞で「出荷する」という意味で出題されており、その過去形shippedのpが重なるのはなぜかという質問が学生からありました。

ここにまとめておきたいと思います。

語尾の子音字を重ねる場合

stop → stopped

ship    → shipped

plan   → plan

admit → admitted

prefer → preferred

などのように、語の最後が1つの母音+1つの子音字の場合、語尾の子音字を重ねます。通常アクセントがある母音とそれに続く子音字部分です。よって、アクセントが前に来るlimit(アクセントはliの部分)などはlimitedとして、最後の子音字を重ねません。

語尾のyをiに変えて、esやedをつける場合

study → studies, studied

try →  tries, tried

動詞の語尾が、子音字+y の場合にyをiに変えて、esやedをつけます。

だから、母音+y であるplayなどは plays, playedと、そのままsやedをつけるのです。

英語を勉強し始めてすぐの頃は、こういった変化に対し「なぜ?」「めんどう!」と思ったりします。教えている方は、こういった規則を教えてあげると、学習者は納得できますし、整理できればわかりやすさにつながるでしょう。

Today is the first day of the rest of your life.

英検1級受験対策をメインに行うアルカディア・コミュニケーションズです。

今日ご紹介したい言葉は、

Today is the first day of the rest of your life. So enjoy it!
今日は、残りの人生の1日目。思いっきり楽しんで!

詠み人知らず、と言われています。

Seize the day.

これは、Dead Poets Societyという映画で有名になった言葉。
seizeは「つかむ」という意味で、文字通り、その日をつかめ、ということから
映画では「今を生きろ」という訳文を当てられていました。

また、この映画の中では、ラテン語の
Carpe Diem
(1日の花を摘め)も出ていて、「一期一会」という日本語も使われています。

一期一会。

茶道の心構え。お茶を出す相手とは、もう二度と会えないかもしれない。誠心誠意心を込めてお茶をたて、お出しするように。またいただく方も、ありがたくいただくように。そんな心構えを表現した言葉で、英語にはぴったりくる短い表現がなく、Seize the dayやCarpe Diemなどを用いる場合が多いようです。

一生に一度のチャンスーーーと、once in a life-time chanceといった英語表現も可能です。

いずれにせよ、どの英語表現も、日本語の一期一会という言葉を伝えたい場合は、「だから、この機会を大切に」という説明を添えると、真意が伝わりやすくなるのではないでしょうか。
こういった表現に出会うと、1日1日を大切に生きなくては!と改めて思います。

 

Leadership entails responsibility.

英検1級受験対策をメインに行うアルカディアコミュニケーションズです。

6/18 テンプル大学大阪キャンパス(北区梅田駅前第3ビル21階)にて、テンプル大学本校(フィラデルフィア)からDr. Tothによるsocio-cognitiveについてのセミナーがありました。

テンプル大学日本校(東京麻布にもあり、こちらは素敵なビル全体で大学院のみでなく、学部もあり2000人くらいの学生が通っているそうです)では、土・日を使い、Distinguished Lecturer Seriesなるものを行っています。

去年は、モチベーション研究で著名なドーニエ先生がいらして、整理券を出し、立ち見席でも入れませんでした。

このシリーズでは日本国内海外を問わず、その分野で著名な先生をお招きし、土曜日曜各6時間ずつセミナーを行っています。

修士課程や博士課程の学生が単位を取るために受講しますが、土曜日2−5時の最初の3時間は、無料で誰でも聞くことができるシステムになっています。(要予約)

将来TESOLを勉強したいと思っている人や、留学したい人、1級クラスの方たちなどにはこの3時間を活用するようにお勧めしています。専門的な話になる場合もありますが、基本的には最初の3時間は、専門知識がなくてもわかりやすいように工夫されているため、素晴らしいリスニングの特訓になります。

socio-cognitiveについては、応用言語学備忘録に記したいと思います。

今回の言葉は、

Leadership entails responsibility.

entailは、involve(含む)などの意味合いです。

リーダーシップには責任が伴う、といった意味合いの深い言葉。

人は、常に自分の周囲との関わりとの中で言語を学んでいきます。

我々は最初に親から日本語を学びます。
それから友達や学校の先生から。

英語は、塾や英語学校、あるいは中学校などで学び始めます。
学習者を取り囲む、クラスには教員や同級生たちがいて、お互いがお互いから学び合うわけです。教員が生徒たちに教える、生徒たちは教員から教えてもらうーーーこれが普通の考え方ですが、learning community(学びの共同体)という観点からは、生徒たちは、先生から学ぶ以外に、他の生徒たちや自分自身の発言からもいろいろ学んでいるわけです。

教員は、生徒たちからどれだけ多くのことを学ばせてもらっているか。

学校の授業では、教員がリーダー的な役割を担います。

クラスはorganic(有機体)。同じことをして同じような結果を得られるクラスというのはほぼないため(もちろん大きな方向性としては「大丈夫」と判断できる場合は多々ありますが)、新米教員も、ベテラン教員も、いつもクラス運営については悩むわけです。迷ったり悩んだりした時、やはりtheory(理論)を調べます。

が、理論は理論、決して「じゃあ、具体的にどうすれば?」という部分には答えがないのです。

理論に基づいて、教員たちはあれこれ試行錯誤を繰り返します。
が、Aクラスではうまくいったことが、Bクラスでは全然思ったような結果を生み出さないことも多々あります。

限られた時間の中、それなりの結果を出さなくてはいけない教育の現場。

1つの学習共同体を率いる役割を担う教員の責任は果てしなく重い。

学習者のニーズと結果、学校で決められたカリキュラム、学校が求める結果、そういった要因を考え、教員は授業プランを練り、実践し、失敗したり成功したりしつつ、求めていた答えを得られたり得られなかったりして、自分なりの方法を見つけていく。

大きな責任を背負っているわけだから、限りない努力や探求をして当たり前なわけです。

スパイダーマンの主人公ピーターのおじさんBenが
With great power comes great responsibility.と言っているのと、通じるところがありますね。